BTCNEXT及びQDAO DeFiユーザーの皆様は、Sparkトークンエアドロップに参加する事が可能になります!

Clock

November 21, 2020

User

Add: Anton Dzyatkovskii

BTCNEXT及びQDAO DeFiユーザーでXRPをお持ちの方は、2020年12月にスナップショートが取られたら、2021年にRippleのSparkトークンをエアドロップを通じて受取ります。これは、Rippleラボによる新たにチューリングが完了したFBAネットワークのFlareネイティブトークンです。

Sparkエアドロップについて

Ripple ラボは、様々なビジネスや企業がブロックチェーンにアクセス可能とさせるために、ネイティブトークンのみの安全性に基づくものではなく、Ethereum仮想マシンを統合する世界初のチューリングが完了したFBAネットワークのFlareを立ち上げています。トランザクションコストが安価なため、アプリのスケーラビリティに制限がありません。さらに、イーサリアムのサードパーティのスマートコントラクトと簡単かつ安全に連携させることが可能です。 

SparkはFlareのネイティブトークンであり、以下のような機能を有します

  • 担保
  • オラクルとネットワークガバナンス
  • XRPおよびXRPユーティリティの増加

ICOを行う代わりに、リップルは12月12日に予定されているスナップショットの日に2021年1四半期から第2四半期まで行われるFlare Mainnetがライブになった後でエアドロップを開始します。Sparkコインの総供給量は合計1,000億枚となり、XRP保有者が保有するXRP枚数に応じてXRP保有者へ分配されます。SparkとXRPのコイン分配比率はまだ確定されておりませんが、所有するXRP枚数が多いほど、分配される枚数は多くなります。

重要な更新 :    ネットワークのロンチについてのFlare Network’s 公式な声明によると、Sparkを請求した各アカウントには、該当する Spark合計の15%が割り当てられるそうです。残りのトークンは、最低 25 か月、最大 34 か月にわたって配布されます。この期間内に毎月受け取る Spark コインの割合( 2 ~ 4% )は、ユーザーごとにランダムに定義されます。トークン配布の詳細については、上記のブログ投稿を参照してください。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              Sparkエアドロップの状態は、事前の通知なしにFlare Networkによって変更される場合があご注意ください。 したがって、 QDAO DeFiによる Sparkトークンの配布も、これらの変更に依存します。 当社は、これらの更新についてユーザーに適時に通知いたします。

一般的に、当コインを取得するプロセスは非常に複雑です。所有者は、イーサリアムと互換性のあるアドレスを取得した後、XRPLedgerアカウントを設定する必要があります。一定の時間を要し、手続きミスを犯すリスクもございます。

しかし幸い、BTCNEXT及びQDAO DeFiユーザーの皆様は、XRPLedgerアカウントを設定する必要がございません。なぜかというと、弊社の取引所はエアドロップを公式に応援していますから。

簡単にSparkトークンを取得する事が可能です

Sparkトークンを取得するために、XRPをノアウォレットのQDAO DeFiに預金する必要があります。2021年中以内クレームされていないSparkコインは、BTCNEXT及びQDAODeFiの開発に使用されます。

重要なアップデート:リップルラブの公式なブログの投稿によると、Sparkトークンは2021年1四半期から第2四半期まで行われるFlare Mainnetがライブになった後で配布されるそうです。この間、スナップショットの日付けは変更無しで2020年12月12日00:00 GMT (+0)に行われる予定。しかし、 12 月 11日 23:00 GMT (+0)までに QDAO DeFiアカウントにXRP コインを移してもらい、チームが必要な準備をすべて行うようお願いします。この時間以降に移動されたXRP コインは、 エアドロップに参加できません。

このエアドロップを受取るのにXRPの最低所有枚数等、制限はございません。ただし、保有するコインが多いほど、ボーナス値は高くなります。XRPを購入し、QDAODeFiウォレットに保存する事をお勧め致します。 

これまでのところ、RippleラボはSparkトークンの価値に関する情報を開示しておりません。一方、弊社はこのトークンには将来的な大きな可能性があり、皆さんの暗号通貨ポートフォリオの1コインとして、素晴らしい価値をもたらすものだと考えております。既に取引所で取引可能な暗号通貨となる予定であり、主要な暗号通貨取引所の中で既に数社(eToro、Bitpay、Bitrue、Celsius、Coinspot、Nexo等)は、当コインの上場を承認しています。また、弊社の取引所にもSparkを上場させる事を現在検討しています。

エアドロップの詳細については、以下のSNS等でいち早くご確認下さい!詳細は、BTCNEXTQDAO DeFi、及びSNS(TwitterFacebookTelegramLINE(日本語用)、(英語用 Telegram)等でご確認下さい。

免責事項:当ブログで表明されている意見は、一般的な情報提供のみを目的としており、個人や、特定のセキュリティ、さらには投資商品に関する特定のアドバイス、もしくは勧誘を目的とするものではありません。 当ブログは、あくまで金融商品に関する教育を目的とし、情報を提供しております。 さらに投稿内容や見解については、事前の通知なしにいつでも変更される可能性がございます。